もずくのアニマルコミュニケーション

アニマルコミュニケーションについて

アニマルコミュニケーションと聞いた時に
『特殊な能力を持った超能力者だけが行える』と思っていらっしゃる方は

コミュニケーターが自分の目の前のペットと
まるで人間と会話するかのように

「〇〇ちゃん、おもちゃは何が好きなのかな?

 うんうん、そうかそうか。赤色のボールが好きなのねー」

(飼い主さんの方を向いて)

「飼い主さま、〇〇ちゃんはこう言っています」

という光景を頭に思い浮かべられるのではないでしょうか。

 

私もずくが行うアニマルコミュニケーションは

動物(主に家庭で飼育されているペット)たちと

潜在意識下で意思疎通を行います。

【潜在意識下】と【意思疎通】がポイントで

潜在意識下で行っているため、クライアントさんには
私がペットと意思疎通している姿は見えません。

 

ペットの感情や意思を人間の言葉で受け取る時もあれば
視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感でもって受け取ることもあります。
そのため意思疎通という呼び方をしています。

アニマルコミュニケーターの基本は通訳だと思っています。
受け取ったメッセージは
拡大・類推解釈することのないよう
私自身のフィルターを通すことなくそのままお伝えするようにしています。

 

私そらのもずくのアニマルコミュニケーションでは
ペットのお写真と質問事項(3つまで)をお預かりし
セッション終了後、メール、zoom、対面のいずれかで結果をお伝えいたします。

 

もずくのアニマルコミュニケーションについての詳細はこちらをご覧ください。

 

 

セッションの前に必ずこちらをご確認ください。

 

 

セッションのお申し込みはメニューの「セッション予約」ページからお申込みください。